住宅ローン破綻

住宅ローンが払えない

住宅ローンが払えなくなって延滞してしまうと、銀行の態度は変わってしまいます。

もちろん、厳しい取り立てがあるわけではありませんが、返済の目途が立たない場合には住宅の売却も提案されることでしょう。

住宅ローンの延滞を避けるために自分にどのようなことができるのかを考えることが大切です。





延滞をする前に銀行に相談

貯金を切り崩している段階なら延滞はありませんが、早めに銀行に相談することで銀行側もいろいろな提案ができるからです。

金利の安いローンへの借り換えなども有効でしょう。

もちろん、収入を増やすために妻が働きに出ることは直接的な効果があります。

延滞によって、住宅を売却しなければならなくなった人もいますが、結果的にそれは大きな損失となります。



金銭的にもそうですが、精神的なダメージが大きい

引越しすることで、近所の噂になってしまいます。

子どもも学校を転校することになるかもしれません。

また、売却すれば、すぐに住宅ローンから解放されるわけではありません。

売却益よりもローン残高の方が多ければ、家を手放しても借金は残ってしまいます。

また、引越しなどの費用も無視できない金額です。


銀行としても積極的に相談に乗ってくれます

ローンの返済を続けてもらわないと銀行としても貸し倒れになってしまいます。

景気が悪いこともあり、最近の銀行は親切です。

家族だけで悩むのではなく、まずは相談することですね。

スポンサードリンク
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|