住宅ローン 家を売る

家を売る任意売却と競売

家を売ることになった場合、任意売却と競売の二つの方法があります。
どちらもこれまで住んでいた家を手放すことになります。
どうせ家を売るなら、より高く売ることにしたいものです。
任意売却と競売、それぞれのメリットについて考えてみましょう。
全体として見れば、任意売却の方がメリットは大きいでしょう。
家を売る売却価格は、任意売却の方が2,3割高くなります。

競売で家を売るとなると公表されます。
とうぜん、プライバシーが守られません。

家を売る売却価格が低ければ、引越し費用も捻出できません。
ただし、自己資金の持ち出しはどちらもありません。
競売で売る場合は、買い手がつかないと競売自体が流れてしまいます。
家を売るにしても不動産物件として魅力があるものならいいですが!
買っても再販売の目途が立たないような物件は、流れることも少なくないです。

住宅ローンが残っている場合は、売却によって返済しなければなりません。
家を売ることで、ある程度の金額を確保することが大事です。

任意売却や競売を経験したことがある人はそれほど多くありません。
多くの人は、家を売るよりも仕事をして収入を増やす、支出を抑える努力をする。
無駄使いをなくせば、かなりの効果があります。
もちろん、教育費や医療費など削ることができない費用もあります。
家族が生活していくために必要なことはたくさんあるのです。
家を売ることになった人の多くは、家計のことをあまり考えていません。
まずは、いくらで売れるのか?調べることが必要です。



家を売る任意売却と裁判所

借金が返せなくなってしまうと、裁判所から家の差し押さえの連絡がきます。
もちろん、これを無視することはできません。
この場合の借金とは多くの場合、住宅ローンです。
返済計画を立てても、病気やリストラなど予想できないことがあります。
こうなると、返済計画は大きくずれてしまいます。

住宅ローンの返済できなくて滞ると、銀行から督促がきます。
それでもお金がないと返済できません。
ここで担保となっている家が差し押さえられてしまうのです。
差し押さえられたからといって慌ててはいけません。
すぐに出ていかなければならないわけではありません。
差し押さえ通知を受け取っても、任意売却は可能です。
任意売却で家を売ることができれば、そのお金で返済することができます。

家を売ることができても、全額を返済することができないかもしれません。
こうなると、その後も住宅ローンの返済は続きます。

任意売却は、所有者が家を売ること。
裁判所が差し押さえると、競売にかけられます。
競売では、自分の希望する金額で買い取ってもらえる保証はありません。
また、物件が悪ければ流れてしまうこともあります。

住宅ローンの残高に応じて最低価格が設定されます。
その金額を下回れば、競売が成立せず売ることができず流れてしまいます。
残念ながら、この差し押さえを逃れようと違法行為をする人もいます。
抵当権が設定されている家は、勝手に譲渡したり売ることはできないのです。
まずは、弁護士などに住宅ローン相談することですね。
自分の希望通りの住宅ローン解決はできないかもしれません。
それでも、できるだけ借金が残らないような方法を提案してくれるでしょう。

スポンサードリンク
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|