住宅を建てるとき

全額を一度に支払えるのは、よほど貯蓄に余裕がある人でしょう。

ほとんどの人は、住宅ローンを組むことになります。

その住宅ローンは20年、30年単位の長期間の返済期間となります。

一番いいと選んだ住宅ローンでも、経済状況の変化によって、新しく借り換えた方がメリットがあるケースもあります。





借り換えをするとき

借り換えには、手数料を払わなければなりません。

手数料以上に金利の低下メリットがあると判断できれば、積極的に借り換えましょう。

借入金額が大きく返済期間が長いことから、チョッとの金利差でも大きな金額になります。


借り換えを考えるとき、金利差で返済がいくらになるかシミュレーションをしましょう。

インターネットには銀行のホームページがあり、返済シミュレーションが簡単にできます。



無理のない返済計画

どのように返済するのかは、収入にもよりますが、無理のない返済計画を立てましょう。

無理をして借金すると、後で返済に困ってしまうことになります。


借り換えはすでに借りている銀行ではなく、他の銀行への移し替えとなります。

つまり、別の銀行でローンを組んで、そのお金で今のローンを返済するのです。

この手続きは難しくありませんが、銀行の窓口で十分説明を受けることが大切です。

スポンサードリンク
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|