住宅ローン審査

金融機関の審査について

金融機関では、事前審査と本審査とがあるんですね。
金融機関は、消費者金融、クレジットカードのキャッシングと違う。
対象となる内容や人物について、厳密な調査が実施されます。
まず、個人信用情報センターに申込者の信用調査を実施。

申込者に多額のクレジットカード、ノンバンクの借金があると困ります。
これでは審査に通らない結果となります。

銀行、労働金庫、農協や信用金庫、金融機関は多数ある。
どこでも調査の手順は同じようなものになります。
一般的には、事前審査に通ると本審査に落ちることは少ないです。

落ちたら他の金融機関で申し込みしても、落ちる確率は高いですね。
だからといって、通る裏技のような方法はありません。
それでも、条件のゆるい金融機関、通りやすい金融機関。
甘い金融機関の情報もあるそうです。
また、借り換え情報もありますので参考にして下さい。



事前審査とは?

事前とは、クレジットカードや消費者金融のような調査が実施される。
必要書類は、収入の裏付けとなる源泉徴収表など。
事前に金融機関から、提出書類の案内があります。
申込書を書いてから結果が出るまで、数日必要な場合がある。
事前に通ると本審査に通る確立は高くなりますね。

仮では借入れする本人の調査が主体になります。
本審査では、購入する予定の物件も含めた総合的な調査になります。
本審査では、担保となる物件が重要になる。
借入者本人の調査内容が良くても、物件に問題があれば落ちます。


金額が高額であること、調査内容が複雑であること。
これらのことから、金融機関との契約までの期間がかかるのです。
事前には通っても、本審査には通らない。
こんなことが少なからず起こります。


審査基準について

基準は、銀行、ろうきん、農協によって違います。
一般的には農協は地元密着のため、若干甘いといえますね。
銀行では都市銀行よりも地方銀行のほうが緩い。
さらに地元の信用金庫のほうが通りやすいといえますね。

クリアしなければいけないポイントはいくつかあります。
調査に通過して融資を受けるには、基準を理解してポイントを押さえること。
まず一番のポイントは年収です。
年収返済負担率というのがあるからです。

例えば、年収が400万円未満ですと年収に対する返済比率は30%。

年収をクリアしないと、他の条件を満たしていても通りません。
次に勤続年数、勤務先、居住地がポイントになる。
妻の年収、勤続年数、勤務先の情報も対象になる。

消費者金融のキャッシング金額が多いと通らない確立は高い。
もちろん、債務整理を過去にしていれば通りません。

スポンサードリンク
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|